新着情報

手は体の中で一番最初に老ける

鏡の前に立ち、顔の横に手の甲を並べて見てみて下さい。顔よりもくすんで、老けて見えませんか?

手は体の中で一番最初に老化が始まります。

 

寒い時に、手が冷たくなりますよね?
特に女性は冷え性で、手先に冷えを感じる人が多いです。
手が冷えるという事は、血液が手の末端まで巡っていない証拠です。

手は血行不良になりやすい箇所で、このように血の巡らない所は老化の進行が早いのです。

 

手の老化が早いワケ

私たちの体は、約60兆個の細胞からできています。その全身の細胞にエネルギーを与えて活発にしているのが血液です。血液が循環することで、私たちの生命は維持されています。
全身の血液の量はだいたい体重の12分の1程度しかなく、そんなに豊富にあるわけではありません。
そのため、優先順位をつけて血液を送り込んでいます。生命維持に重要な細胞にたくさん血液を送り込み、優先順位が低い細胞にはあまり流さないようになっています。

生命維持に大切な内臓に比べ、「手」はなくても生きていくことができます。そういった体にとって優先順位の低い部分には、血流が巡りづらいのです。その上、心臓から遠い所にあるため、どうしても血行不良になりやすい箇所です。

さらに、乱れた食生活、生活習慣、ストレス、過労、運動不足、タバコなど、体の血流を妨げる生活を繰り返していると、全身の血行不良を招きます。血行不良の状態では、優先順位の低い「手」の細胞には血液が流れず、栄養不足になります。
このような細胞の栄養不足状態が続くと、手の細胞そのものが衰え、やがて死んでしまいます。

 

手の血管が退化する

手の細胞が死んでいくのと同じように、手の毛細血管も退化していきます。

体はよく働く部分に血液が巡り、働かない部分には血液を流さないようになっています。
例えば、入院すると足の筋肉が落ち、細くなります。使われない細胞に血液が流れず、栄養が巡らなくなるためです。

それと同じく、血管も、血液が巡らないようになると、血管自体が退化してしまいます。すると、その周りの細胞は急激に衰えて老化していきます。


手のように、血行不良になりやすい箇所は、毛細血管が退化し、細胞が死んでいきます。そのため、体の中で一番最初に老化が始まるのです。

 

 

 

手の老化が加速する

血管が死ぬと、手肌には血液が巡らなくなるため、手の老化は加速的に進みます。

手のシミ、シワは益々増えます。
手肌のハリがなくなって、血管が凸凹目立ってきます。
骨が目立ってゴツゴツした手になります。
関節が太くなったり、変形します。

このような手の老化症状を改善したい、または防ぎたいと思われる方は、体の内側からケアをして、血管を若返らせる必要があります。

 

ハンドビューティーでは、体の内側と外側の両方からアプローチをし、手の若返りと全身の若返りを実現させます。

 

多くの女性に正しいハンドケアをお伝えして、美しい手になっていただきたい!
全国の書店で好評発売中!
本の購入

3ヶ月でマイナス5歳手肌の若返りに興味のある方は、↓ をクリック。

手の若返りのプロに興味がある方は ↓ をクリック

手の若返りお茶会に参加したい方は ↓ をクリック

ハンドビューティー公式LINE@では、手の若返りケア情報を配信中!

友達追加方法

1.お友達追加ボタンで追加
スマートフォンでアクセスし、友達追加ボタンをタップ
2.QRコードで追加
LINEアプリを起動後、
その他→友達追加→QRコードを選択し
QRコードを読み取り!
3.ID検索で追加
LINEアプリを起動後、
その他→友達追加→ID検索を選択し
IDを入力して検索

ハンドビューティー公式LINE@

ID @jeh7294m

友達追加